根無し草のスカポンタン

死ぬことすら気に食わねぇ

今日も朝からバイトである。

 

今朝は普通に寒くて、完全に秋が来たことを感じた。

 

去年の今頃、俺は弟子入りをした。

あれからあっという間だった気もするし、もうすごく遠い昔な気もする。

振り返ってみたらほとんど進歩のない一年だった。むしろ後退ばかりだった気がする。

今年の3月に辞めてから自信や積極性が抜け落ちて、完全に腑抜けになった。

わずかな貯金もとっくになくなり、すごく貧乏になった。生きていけなくなりバイトも始めた。そのバイトでも全く仕事ができない人間である。

ADHDと双極障害と診断された。

現在薬は飲んでいないが、気分の起伏、主に鬱側、と集中力の低下が著しい。

微量でも、酒を飲んだ次の日はとても気分が落ちるようにもなった。そして劇的に弱くもなった。

今まで気力で保てていたものが一気に崩れ、成れの果てが今だ。

人生の負のスパイラルに完全にハマっている。

 

理想と現実

おとといの午後から昨日の昼過ぎまでぶっ続けでバイト。

疲れ果てて帰ってから昨日の昼まで寝てて、諸々家事をして今。

 

本当に何をしているんだかわからない。

意味のない期間。

空白の期間は2018年3月から始まった。

 

何もかも見失い、遺書も書いた。

金も常になく、家に引きこもるようになった。

本業の写真はほとんど仕事がなく、バイトは図面を見るような理系の力仕事で、全く好き好んでやっていない。というかとても苦手。

 

32歳、ほぼ無職。

これが現実。

 

疲労とトラウマ

疲労するとトラウマが現れるという変な癖がついた。

 

すごく気分が落ち込む。

自分の無能ぶり。

集中力のなさ、記憶力のなさ、意欲のなさに落胆する。

 

何かに対して怒りを燃やしたり、常にそういうものをガソリンとして生きてきたが、最近はそれすらもない。ただただ無感情で、人と会うのも外に出るのも嫌になりつつある。