根無し草のスカポンタン

死ぬことすら気に食わねぇ

嫉妬とSM

新年元旦早々非常にややこしい話だが、あまりにも密度が濃い話だったのでここに残しておく。

 

 

 

今日、とある女性とそれぞれの過去について話をしていた。

そして過去の恋愛の話になった。

 

彼女の過去一番好きだった相手は、とんでもないサディストであり、これがどれくらいとんでもないかというと一般的な範疇で知られてあるSMプレイをすべて行うくらい、である。

ひたすらスワッピングしたり、縛って叩いてもうそれは泣かし倒したり、白昼堂々全裸で歩かされたり…

 

彼女は怖くて怖くて、本気で泣いてその恐怖におののいていたそうだが、逆にまたその感覚がたまらなかったらしく、最後にくるセックスでは相当に燃えていたらしい。

そして相手の男性が本当は自分を心では愛してはいないことも分かっていたようだ。

その男性は過去の経験により完全に歪んでしまって、そういうことでしか自分を解放できないようになっていた。

そしてその相手として、彼女が適任だっただけである。

 

しかし彼女は、その彼を本気で愛していた。

今となってはSMはもうまっぴらゴメンであると話していたが、その時に撮られた写真は消せないでいるらしい。

 

俺が興味深かったのは、そのような壮絶な話を聞いた後に沸いた自分の感情だ。

俺はSMの嗜好は特にないし、彼女も正直俺は相当引くと思ってた、と言っていた。

しかし、当の俺はその話に嫉妬していたのである。

どれくらいの嫉妬かというと、もうその時近くに誰かいたらその人をめっためたに殴り倒してしまいそうなほど、脳みそが燃えて溶けてしまうほど、とでも言おうか。

ずっと変な動悸がしていた。

 

その理由が不思議で仕方なくて、嫉妬したことをその後彼女に正直に話してみた。

そしたらこれまたとても不思議で、今度はその話を聞いた彼女がストレスで湿疹が出て吐き気がしてきた、と言ってきた。

その感覚は、俺が感じたものと同じだった。

苦しみと痛み。

同じ意識を共有していたということである。

電話で話していたのに、だ。

 

そして、なぜ俺は嫉妬をしたか。

 

俺は長いこと自分の精神性に悩んでいる。このブログを始めたのも、そういう自分と向き合うためだ。

この嫉妬の源泉は、俺の心理の深いところを解明するキーになると感じ、なるべく冷静に分析し、こう解釈した。

 

それは、自分がそれまで感じ得なかった感覚(実は深層心理にはずっとあった。ここがコア)を相手はわかっていて、それを表現できているということに対しての嫉妬であるということ。

 

俺は基本的に自分が幼少期の頃の親に対して相当な怒りを持っていて(褒めてもらうことがほとんどなかった)、それが大人になった時に怒りの反転作用として自責につながり、最終的に鬱に発展している。ここまではわかっている。

この説明をした理由は、彼も話を聞く限りおそらく俺と同じような精神性の持ち主であるからだ。つまり、似た感覚を持った人間だからだ。

そして、彼には自分の心の中にある怒りを分かりやすい形に表現し発散する術があったということ。ここに嫉妬した。

そしてそれ以上に、彼女はそれを受け入れられていたということに対しても、である。

相手を痛め、それでも求めてくる相手に対し愛情を感じ、求め合う。

痛めつけられ、だけどそこに繋がりを感じ、苦しいし逃げたいのに、たまらない。

常識を逸脱した、しかし各々の心理に非常に正直で解放的なその行為が出来てしまっているということに嫉妬したのだ。

嫉妬し、同時にとても羨ましかった。

俺も正直に自分を表現したい。

本当の素の自分を認めてもらいたい。

モラルを飛び越し、身も心も裸の状態で素直になりたい。そう思ったのだ。

 

そしてその後にやって来た不思議な共感の感覚について。

 

彼女に嫉妬に心が完全に支配されかけていた俺の話をしたら、俺が感じている体の変化ととても似ている変化が彼女にも起こり、具合が悪くなったという。

ここで感じたのは、これはSMの悦びの感覚に非常に近いものなのではないか、ということである。

 

伝える側、伝えられる側。

その意識が強く結びついて結果彼女は倒れかけていた。

しかし、こうも言っていた。

でも嬉しかった、と。

 

これは、相互理解が出来たからであると感じた。

そしてこの苦痛を伴う一体感は、SMのそれにとても似ているように思えた。

 

俺は狂気じみた人に強い憧れを持っているのだが(自分にはそれがないと感じていたから)、今回の体験で、人には大なり小なり狂気があり、それが発現するキッカケは何かはわからないが表に出てくることは容易にあり得るということを学べた気がした。

そして、それ故憧れを持つ必要はそれほどないと感じた。

 

深層心理と対峙し、認め、それを表現すること。本当に自由になること。

これが自分には必要なことであると確信した。

 

 

 

長くなったが、言いたいことは結果単純で、素直になれば人生は楽しくなるのだな、ということである。

 

 

 

素直になりたい。

バカになって、自分を認めて、そこから世界を見たい。

 

誰か相談に乗ってください

僕には達成感を感じるということができません。

遊びでも、仕事でもです。

 

達成感を味わうには、何かを達成しなければ味わえないと言うことなので、寝食我慢して何かに打ち込むことも多々あります。だけど、次第に疲弊していって、最終的に途中でなあなあになります。

 

ただそれ自体を諦めることはしないので結果達成するんですが、その時にはすでに疲れ果てていて達成感や充実感を得る以前に疲れたなぁ、という感覚しか残りません。

 

無心で頑張ろうとして実際時間も1日のほとんどを割いてやるのですが、途中で「今やっていることは本当に自分のやりたいことorやりたいことにつながっているのか?これだけの時間と体力を犠牲にしてまで」となっていきます。

ただ、何もしないならしないで自分は何のために生きているのか?となります。

 

こういう相談をすると大抵、努力量が足りないと言われるのですが、努力が足りないと言われるのが何よりも嫌なので、何かをやるときは基本的に全てそれに捧げる勢いで物事に取り組みます。

しかし、それを楽しいと思うことより途中で投げたくない、負けたくないという気持ちの方が強くてどんどん疲弊していき、それが原因で結果過去に2回鬱病を発症しています。

今もあまり良くなっていません。

やればやるほどまだまだ足りない、まだまだ足りないとなり、結果的に精神を病む、といった流れです。

本来ならやればやるほど課題が見えてきて、それを乗り越えるのが辛いけどワクワクする、という流れになるのでしょうけど、その感覚はまったくありません。

あるのは不足感だけです。そして次第に焦りだけが募ります。

 

こういう気質なので、上達したり成長する喜びもありません。ここが一番な問題だと思っています。

何かを頑張るエネルギー源はこういう部分にあると思うのですが、それがそもそもありません。

上達した段階ではすでに「これだけやったんだからできて当然だろう」という気持ちになっていて、それに費やした時間の量を考えると虚しい気持ちになります。

何かをやっている時間が長ければ長いほど愛着もわいて、出来たあかつきにはそれが誇りになったり自信になったりするというけれど、その感覚もありません。

ゆえに、これだけ頑張ってきたから、まだ続けてもっと上達しよう、という考えに至りません。

でも途中で投げるのは嫌だから無理をして続けるけど、結果どんどん辛くなる一方です。

鬱病になり、自分のことを少し冷静に観察してそのことと離れる時間も取るのですが、結果的には何も成せていない自分はダメだ、という考えに至ってしまいます。

 

だから、昔から勝負事とかでも勝ちたいという気持ちは強くあるのにやっていること自体にワクワク感などを感じなく、争うことに疲れて戦っている途中で自分に負けて結果勝負にも負けます。

 

何かの賞をとったりわかりやすく自分を評価できるようなものが喉から手が出るほど欲しいのですが、そういうものも何も持っていません。

そもそもそういうものを自分の心が求めていないことも重々わかっています。

わかっているのに、そういうものを持っている人と話したり接したりすると、嫉妬を通り越して自分には何もない、自分は無価値な人間なんだ、と自分を責めてしまいます。

逆に言えば、そういうものがあれば自信につながると感じています。

ただ、それ自体も手に入れたら何の価値もないと感じるだろうということも何となくわかります。

 

長くなりましたが、ずっとこういうコンプレックスに悩まされています。どうしたら達成感や充実感を得られるでしょうか。

どうしたら成長の喜びを感じられるでしょうか。

 

どうしたら自信を持てるでしょうか。

 

ご回答いただけたら幸いです。

よろしくお願い致します。

2018、年の暮れに

今年ももう終わろうとしている。

去年の今頃は弟子入りの激務でひたすら文字通り寝ずに仕事をしていた。

そして精神壊して辞めた。それが今年の3月だった。

 

今年、何が出来たか?

 

何も変わっていない。

結局、こんを詰めても自分を壊し、辞め、また怠惰な日々に戻っている。

 

一生このままなんだな。

 

さよなら2018。

今日も朝からバイトである。

 

今朝は普通に寒くて、完全に秋が来たことを感じた。

 

去年の今頃、俺は弟子入りをした。

あれからあっという間だった気もするし、もうすごく遠い昔な気もする。

振り返ってみたらほとんど進歩のない一年だった。むしろ後退ばかりだった気がする。

今年の3月に辞めてから自信や積極性が抜け落ちて、完全に腑抜けになった。

わずかな貯金もとっくになくなり、すごく貧乏になった。生きていけなくなりバイトも始めた。そのバイトでも全く仕事ができない人間である。

ADHDと双極障害と診断された。

現在薬は飲んでいないが、気分の起伏、主に鬱側、と集中力の低下が著しい。

微量でも、酒を飲んだ次の日はとても気分が落ちるようにもなった。そして劇的に弱くもなった。

今まで気力で保てていたものが一気に崩れ、成れの果てが今だ。

人生の負のスパイラルに完全にハマっている。

 

理想と現実

おとといの午後から昨日の昼過ぎまでぶっ続けでバイト。

疲れ果てて帰ってから昨日の昼まで寝てて、諸々家事をして今。

 

本当に何をしているんだかわからない。

意味のない期間。

空白の期間は2018年3月から始まった。

 

何もかも見失い、遺書も書いた。

金も常になく、家に引きこもるようになった。

本業の写真はほとんど仕事がなく、バイトは図面を見るような理系の力仕事で、全く好き好んでやっていない。というかとても苦手。

 

32歳、ほぼ無職。

これが現実。